バストアップの方法はたくさんある

 
現代は様々な価値観がありますよね。昔からあった価値観が色々な外国の文化が入ってきたことにより現代特有の価値観がいくつも生まれています。胸が大きい方が良いというのもそういった価値観の一つです。日本を含めたアジア人は古来から比較的胸が小さな民族でした。昔の価値観であれば、どちらかといえば、胸が小さい方が良いとされてきました。それは日本特有の着物と言う衣装にも表れていますね。ただ、現代では、胸は無いよりは有ったほうがいいと思う女性が多数を占めています。食文化や生活様式が欧米化したこともあり、昔よりはバストのサイズが大きくはなりましたが、それでもまだ小さい部類にはいります。その為バストを大きくする方法がいくつも考え出されました。

ホルモンによるバストアップ


一つは女性ホルモンや成長ホルモンによってバストアップを促進する方法です。成長期に一気に胸が膨らむという経験をした女性は多いと思いますが、この要因としては成長ホルモンが多量に分泌されたためです。これらのホルモンは女性の胸を大きくしたり、生殖機能の成長させたりと様々な役割を持っています。一般的には成長期に多量に分泌されますが、成人を迎えても分泌されます。

運動によるバストアップ


運動によってバストアップを図るという方法もあります。運動と一口に言っても様々あるのですが、筋トレなどの高負荷のトレーニングによって成長ホルモンの分泌を促す方法と広背筋などの姿勢を正す筋肉をトレーニングする事によってバストアップを図る方法と大きく分けて2つの方法が存在します。

特定栄養素によるバストアップ


世の中には様々な栄養素がありますが、その栄養素の中にバストアップに良いとされる特定栄養素が存在します。その栄養素を摂取する事でバストアップを図るという方法です。
代表的な物には牛乳や、豆乳、鶏肉などといったものがあります。この方法で大事な事は特定栄養素だけでなくバランスよく栄養を摂取する事が大事になります。

※短期間でサイズアップを狙うならヒラクアップがおすすめです。